まるくくらす

日々の暮らしを少しでも気分良く過ごすために考えていることとか・・・

LO的 うちのライン

「余裕の連鎖で心も身体もすっきり」

ライフオーガナイザー Kuraです。

 

高齢者になると「認知症」と「介護」は向き合う人も多くなります。

この場合、同居とそうでない場合では、悩みが異なります。

同居の場合、近すぎる距離のため、相手が不安になり頼ってくることも多くなり、それに対し面倒くさいと思うことも多くなってしまい、受け答えがぞんざいになるかもしれません。

同居でない場合は、施設への入所や一人暮らしの状況が分からなくて、罪悪感が出るかもしれません。

特に、同居の場合、うまくいってない場合は、急に優しくはなれないでしょうし、うまくいっている場合に施設に入ってもらうことで罪悪感で心苦しくなるかもしれません。

 

夫は長男なので、夫の両親の面倒は夫が見るのが当たり前という中で、私と夫は面倒を見るのであれば、こちらから周囲にいろいろと周知しました。

何も厳しいことを言うのではなく、ラインを話しておくということです。

共働きの私たちは、介護で仕事をやめるという意識での働き方は考えていません。

そこで話し合いました。

「寝たきりになったら施設に入れる」

ただし、寝たきりにならず、自分で動ける限りは同居し、面倒を見るというものです。

やみくもに「施設に入れる」というわけではなく、義理ママの「家にいたい」という意思は汲むつもりですが、汲める限度と決めるということです。

私は、義理ママが食べたいものを自分で選んで、食べる。

自分でお風呂に入れる、トイレに行ける。

ゆっくりでいい、自分のペースでいいから、自分の意志で動けるうちは家にいてほしいと思っています。

別に、掃除や洗濯が出来なくてもいい。

義理ママが自分で動く満足感を得られているうちはそれでいいと思うのです。

確かに、結婚したての同居時にできていたことが、今は少しずつ出来ていない。

それでも、それは想定内のことです。

 

ただ、「おかしい」と判断したときは、夫に相談します。

例えば、期限切れの食品を「また食べられる」と言ってくる。

これは警告音がなります。

「まだ食べられる」の判断を、ラベルではなく、においで判断する。

さすがに夫もまずいと思うことが何度かあったため、その後からは義理ママの買ったものでも、賞味期限を確認して廃棄することもあります。

もちろん、義理ママにきちんと賞味期限などを伝えてから、廃棄しています。

 

義理ママが食べて、下痢になれば、脱水症状になったりするので、危険です。

夫に「まだ食べられる」といって勧めてきても、夫が体調を崩すことになります。

夫を病気にさせるわけにはいきません。

決して、息子に危険なものを食べさせたいわけではないだろうし、息子を大切にしていないわけではありません。

自分は食べれないけれど、息子に食べさせたいという気持ちは汲みたいと思いますが、そこは譲れません。

 

私は「夫」を大切に思っているかどうかを見極めているのかもしれません。

 

 

 

LO的 人生は長いから・・・

「余裕の連鎖で心も身体もすっきり」

ライフオーガナイザー Kuraです。

 

前回、エンディングを考えるという記事を書きました。

私個人の最後を考えましたが、今回は私の家族観について考えてみました。

 

結婚して15年が経ちました。

その間、子供が出来ないまま。

今はもう、子供を持つことを話題にしていません。

「出来たらいいね」と言っていたけれど、最終的にそのための原因追及や治療といったことはしませんでした。

夫は子供が欲しかったと思います。それは聞いているので・・・

ただ、そのために出来ない原因を病院に行って究明しようという動きには一度もなりませんでした。

夫からも、そして私からも。

私は原因を究明するのが怖かったし、夫もそこまでして欲しいかといえば・・・ということだったのかもしれません。

幸いにも、義理ママからの厳しい追及もありませんでしたから・・・

(夫側の親族からは厳しいお言葉が飛んでいたのは空気で分かったけれど、夫から私へ伝わったことはないので、止めていてくれたのだと感謝しています)

 

子供が欲しいと思ったことがあったのかと自問しましたが、私自身はそこまでの気持ちにはなれていなかった。

だから、不妊治療を考えることもなく、この年齢まで来たわけで。

今年が4度目の年女。

そろそろ「更年期」という二度目の思春期を迎えるにあたり、今、少しだけ思い返しています。

 

「子供が欲しかった?」

 

姪っ子や甥っ子はとてもかわいかった。

友達の子供もとてもかわいかった。

でも・・・

「産みたい」という情熱は不足していた気がします。

子供が怖いとか、子供が苦手とかそんなんじゃなくて、自分が親になるという認識がどうしても足りなかった。

怖かったのかもしれません。

子供は自分の分身ではないことは、私自身が子供としてそう思ってきたので、わすれることはないけれど、どうしても「子供」は「親の評価物」のような気がしてしまっているのでしょう。

私が悪いことをすれば、私自身も悪いけれど「親の教育が悪い」といつまでも言われる。

田舎で育った私はそれがとても怖かった。

成人しても、子供が出来ても、子供である私のことで親が悪く言われる。

それがどうしてもいやだった。

だから自分が親になった時に、子供のことで自分が評価されてしまうのが嫌だったのかもしれません。

私は私。

それはそうなんだけど、それだけでは済まされない。

他人の目を気にしなくていいのに、気になってしまう。

そして、自分以外のことで自分が評価されてしまうことへの嫌悪感。

私は自分勝手なんだと思います。

 

ライフオーガナイザーは「人それぞれ」という考え方があります。

自分はそう思っているし、そう思いたい。

 

簡単に「生みたくなかった」と言えればよかった。

でも、「生みたくない理由は?」と尋ねられた時に、答えられないことが何だか悪いことをしているような気になってしまう。

不妊治療にも一生懸命向き合うことなく、ただただ「できればいいね」で過ごしてきた結婚生活。

夫との生活はまだまだ続きます。

結婚当初とは変わった生活リズム。

そして、今後も変わっていくであろう生活リズム。

いずれにしろ、夫と暮らしていくというスタンスは変わらない。

だからこそ、夫とは程よい距離で暮らしたいと思っています。

付かず離れず。

いい距離間で生活できるように、今からはそちらに留意していくことにします。

 

「子供」がいればもっとにぎやかだったかもしれないと思いつつも、今の生活は嫌いではない。

自分と夫を中心に考えていく生活は決して寂しいものではない。

 

私たちは嫌でも年齢を重ねていく。

その時に隣にいる人は誰かを考えると、相手とのことを大切に思うことで暮らしは健やかに回るのではないかと考えています。

 

「生涯現役」でありたいと思うので、健康を重視していきたい。

「健康」であるためには、体調の変化、環境の変化、内面の変化、それぞれをないがしろにすることなく、一つ一つ丁寧に受け止めたい。

まだまだ人生は続く。

そう考えると、ついつい後回しにすることが出てきてしまうけれど、後々のことを考えて、後回しにしていいかも考えていくことが大切なことだと思います。

 

 

 

 

LO的 エンディングを考える

「余裕の連鎖で心も身体もすっきり」

ライフオーガナイザー Kuraです。

 

自分を終うための作業。

人生という祭りの後の整え作業。

 

以前にテレビで便利屋にフォーカスした番組を見ていて思ったのは、

高齢者の不安をあおる番組構成だったということ。

 

「一人暮らしの高齢者の孤独」と「離れて暮らす家族の罪悪感」を植え付けようとしているように感じました。

 

高齢者の病死、自然死が多くなったのは、長生きをして、健康な高齢者が増えているということでもあります。

もともと高齢者の人口は右肩上がりの今だからこその問題ともいえるでしょう。

 

それに個人の生活を尊重し、高齢者自身も自分の生活を崩したくないわけですから、お互いに距離をとってきたわけです。

だから、当たり前といえば当たり前のことだし、少しずつ増えている個人葬にも反映されています。

 

そんな中、以前に学んだ「エンディングノート」をもう一度振り返りました。

その時は、エンディングノートとは残された人への思いよりも、自分の思いをつづるノートだと思って学びました。

でも、今は手を煩わせたくない、という優しさの反面、自分のことだから、自分の思い通りにさせてほしいというエゴにも見えてしまいます。

 

子供のいない私は、高齢者になった時に、一人でいることも十分に想定できる。

火葬代を先に払うので、葬儀代行を頼みたい。

骨も墓も不要だし、残った親族の手も煩わせたくない。

税金を納めている市町村で、事務的に死亡処理を行ってほしいと思うのもエゴなのかもしれません。

 

自分が死んだ後のことを、子供や孫に任せるのが、現在までの一般的な流れです。

でも、私は子供を持たない選択をしました。

その時点で、今までの一般的な流れは望めないかもしれない。

だからこそ、自分の死後に誰かの迷惑になるのは嫌だと思ったのです。

 

そのために、第三者にゆだねられるように整えておこう。

それがエンディングノートの学びへの参加したきっかけだったことを、再確認できました。

 

冒頭の番組では、親族に頼まれて片づけをし、出てきた貴金属類は親族に手渡されました。

出てきた財産は親族でなければ受け取れないから、依頼は誰がしてもいいけれど、最終的に「親族」でないといけないことがたくさんあるのが現実です。

 だから、高齢者が亡くなった後の空き家が増えていても、親族がアクションを起こさない限り、第三者が動くことはできないし、市町村なども動くことができない。

そう考えると、自治体が新しく高齢者の居住を拒む理由もわからなくはないのです。

 

私は日本国籍である以上、死ぬことで戸籍が失われるのであれば、その時には事務的に国や市町村にかかわってほしいと思います。

 

自分がこの世から消えた後、思い出してくれる相手がいるのはうれしい。

でも、思い出してもらうだけでいい。

どうせ、全員にお別れをいうことなんて、出来ないのだから・・・

 

エンディングノートは残った人への意思表示ではなく、後始末をお願いするための何かでありたい。

 

ライフオーガナイザーは自分の仕組みを作ります。

空間、情報、時間。

そこに私は人生最後の仕組みも入れたい。

 

家族にしかできないこと。

家族にしてほしいこと。

行政が関与していいこと。

行政しかできないこと。

明確にすることで、家族任せの作業を福祉の一つとして進めることができると思います。

もちろん、有料だと思ってますけど・・・

 

本音は「安心して死にたい」。

生きているときから、死んだ後のことまで心配して生きたくない。

そして、死んだ人の面倒を一切合切押し付けあわない社会であってほしい。

 

なくなった人の思い出と生きる人たちが、その人の思い出を良い意味で懐かしむことができるようになりますように。

LO的 介護認定の面談でした

「余裕の連鎖で心も身体もすっきり」

ライフオーガナイザー Kuraです。

 

先日、義理ママの介護認定の面談がありました。

2年ほど前までは、義理ママだけで面談をしてもらっていましたが、今は一緒に面談を受けています。

面談に立ち会いますが、私が口をはさむのは、面談者が私の方を見たときだけ。

全面的に義理ママに回答してもらうのが面談なので、いろいろと聞くだけです。

ただ、年齢を重ねたとはいえ、女性だし、母親だし。

一般的な格好つけもあると思っています。

もともと大げさに言う人ではないのですが、そこを大げさに言ったりしてくると、少し「認知症」を疑ってしまいます。

 

年々、出来ないことが増えているような気もするし、それを自然に受け入れていて、今の段階で「できている」と思っていることも多々ありました。

 

「寝返り」の実施。

義理ママは介護ベッドをもらったにもかかわらず、自分で使おうとはしていません。

布団を敷いて、寝起きしています。

もうすぐ80歳になる義理ママなので、起き上がりは大変だと思っていましたが、思った以上に毎日大変だとわかりました。

ただ「介護ベッド」をもらってきたときに、「このベッドを使うようなことがあれば病院に行ってもらう」と夫と義妹が言っていたので(ふざけていたと思いますが・・・)、義理ママとしてはどうしても譲れないラインなのかもしれません。

とはいえ、怠けることなく、寝返りと起き上がりを毎日しているので、そこについては、小脳梗塞で左半身麻痺を差し引いても、立派なものです。

脳梗塞と違って、小脳梗塞は血管が詰まることで起こります。

糖尿病を患っている義理ママであれば、可能性は大きいものだったのでしょう。

小脳への血液が止まってしまうことで引き起こすもので、小脳に必要な血液や酸素、栄養が供給されないままだと脳が壊死してしまうわけです。

ちなみに、小脳は手足、口など動き、体のバランスを主に行っているところです。
また、運動を記憶するのも、小脳の役目です。

義理ママも自転車に乗れなくなったのでおかしいと思い、受診した結果だったので、倒れたわけではありませんでした。

意識不明になったわけでもなく、自分でおかしいと思って病院に行ったわけです。

 

・呂律が回らない

・ふらつく

・思うように手足が動かせない

・体が傾く

・細かい作業ができない

などの症状が小脳梗塞と言われます。

 

脳梗塞は上記に「麻痺」が追加されますが、小脳梗塞は「麻痺」がないので、病院へ行くのが遅れることが多いのだとか。

そういう意味で、義理ママは早めの対処が出来ていたと思います。

回復後も、年齢と持病により、元通りとはいかないまでも、発音はしっかりしているし、誤嚥も今のところありません。

だからと言って、左半身の動きが鈍くなっていることや、感覚が鈍くなっていることはやはり心配の種になります。

病院の先生に「介護認定」を受けるように言われた時、義理ママは少し嫌な顔をしたのを覚えています。

でも、今の義理ママの判定は「要支援1」。

家のことも、自分のことも、散歩も、一人でできる。

 

少しずつ、出来る範囲が狭まっているのを感じますが、一人で起きて、一人で薬を管理して、一人でお風呂に入って、一人で寝ることができる。

トイレにも自分の足で立っていける。

今までしてきていることは、今でもできる。

そして、これからも出来るように頑張る。

 

そのため、毎年の介護認定面談はドキドキします。

介護認定が上がると、義理ママのプライドを傷つけてしまうかもしれない。

でも、初めて介護認定を受けたのはもう10年以上前。

デイサービスやヘルパーさんをお願いするほどのことはないけれど、いざというときに困らないだけのことはしておきたい。

相談するときに、介護認定をいただいていれば、話も早いはず。

 

今回、家族の方への確認の中に、「妄想癖はないか」「収集癖はないか」という質問がありました。

 

シニアはものを集めたがり、捨てることを嫌がります。

義理ママもカレンダー(裏が白い紙)や紙袋、お米のビニール袋なんかは絶対に捨てたくないようです。

そして、新たなことを発見しました。

 

義理ママは「靴コレクター」でした。

思い出せば、義妹も同じ靴を何足も履き(職業柄もあると思いますが・・・)、夫も靴には細かい。

義理ママも同じでした。

同じ長靴が4つも出てきたときには、驚きました。

気に入ったものしか買いません。

気に入ったものしか着ません。

それはB型のせいだと思っていましたが、シニアになるとそれが顕著に表れる。

義理ママだけでなく、義妹も、夫も同じようになるのかもしれない。

 

CLO(慢性的に片づけられない人のためのライフオーガナイザー)という資格を持っている私としては、とても興味深いものです。

かくいう私も、カバンが大好きで、ついつい同じデザインを買ってしまいます。

ただし、バッグはそれほど壊れることもないので、気に入ったものがあれば、それほどは増えないと思っていますが、義理ママは買ったことを忘れて、同じものを買おうとしてしまいます。

「家にあるよ」と言っても、自分としてはどこにあるかわからないので、ついつい買ってしまうのだろうと思います。

その4つの長靴を見たときに、自分では全く気付いていなかったのか、1つでいいといいましたが、予備がないと困るのでまた新しいのを買ってしまうかもしれないと思い、2つ残して(1つは履いて、1つは予備)、2つを手放すことにしました。

義理ママのように、ついつい買ってしまう人には、現物をすべて見せて、どうしたらいいかを決めてもらうのがいいのです。

「捨てる」ではなく、「目に見えないところに置く」というようにして、遠ざけていくことも大切なことなのです。

 

捨てることが苦手な世代。

昔を思うと捨てられない・・・そういう人が多い世代。

これからその世代がためたものを自分たちが手放す時期がやってきます。

その時に、お手伝いできればいいなぁと思っています。

 

LO的 ADHDの勉強を始めました

「余裕の連鎖で心も身体もすっきり」

ライフオーガナイザー Kuraです。

 

私はLOとしてちょっとだけ活動しています。

ご相談を受けて、ご相談者の背中を押す程度のことですが・・・

 

また、CLOとして地元の方のボランティアをしています。

CLOというのは、サーティファイド・ライフオーガナイザーと言います。

LOが現在よりも、より自分らしく整えるためのお手伝いだとすれば、CLOは自分らしく片づけるためのスタートラインに立つためのお手伝いといったところでしょうか?

ADDやADHDなどの機能障害や学習障害などを持つ方に対して、空間の整え方や、時間の管理、情報の管理などを主に行います。

言うなれば、「片づけられない人のためのオーガナイズ」を専門とします。

 

子供のころから片づけられない

片付かないことで忘れ物が多い もしくは、失くしものが多い

自分ひとりでは片づけがはかどらない

 

上記に思い当たる方がいたら、CLOの出番かもしれません。

 

ここからは、今ボランティアをしている方のことを少しだけ・・・

 

この頃は「お片付け」がブームとなり、きれいにしている人ももっと片づけたい。

断捨離などのミニマリストも多くいます。

そんな中で「ごみ屋敷」として、番組が一本出来てしまうほどです。

私がボランティアで行っている相手もそんな中の一人です。

でも、その方にはその方なりのラインがあり、それが一般的なラインと少し外れていることもあって、周囲の理解が薄く、それが軋轢になっていました。

今でも、ご近所の方はあまり良くは思われていないかもしれませんが、その方の住居はそこにあって、その方もそこにいる。

そんな中で、少しずつ片づけていこうと声をかけました。

役所の方にも働きかけて、少しずつ良い方向に向かっているとは思います。

ただ、とても地道な作業です。

微々たる変化のため、中々気づかないこともあります。

それでも、その方のラインが少しずつ変わっていくのを感じると、お手伝いをしていてよかったなぁと思います。

ラインの変化は自分でしか出来ません。

私たちやお役所が、「このラインに合わせろ」と無理やり従わせるのではなく、本人が自ら自分のラインを少しずつ変化させていく。

それが私たちの見守りであります。

一緒に片づけ作業をすることもありますが、その方の方法を見守ります。

「この方が早い」「この方がいい」というのは、周囲の考えであり、それを取り入れるかどうかは本人しか出来ません。

取り入れればいいのにと無理強いをしても、それでは本人のためにならないのです。

「わからずや」「偏屈」といった自分本位の感情で相手を傷つけては、本人は殻に閉じこもるばかりです。

 

CLOは本人の希望を取り入れる片づけを推奨します。

それだけでなく、一緒に片づけ作業を行います。

一緒に行うことで、本人が今何をしているのか、これから何をすればいいのかに迷わずに済むのです、

 

ADDやADHDの方も片づけが苦手な方が多いです。

それは脳のメカニズムだったり、環境のせいだったりということもあるので、今はそこを勉強しています。

自分にも当てはまることが多いので、そんな自分も理解していきたいと思います。

 

周囲に片づけられずに困っている方がいたら、「LO」や「CLO」という手段を教えてあげてほしいと思います。

 

助けるなんておこがましいけれど、サポート出来るはずだから・・・