読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるくくらす

日々の暮らしを少しでも気分良く過ごすために考えていることとか・・・

私らしさくを追及すると・・・

自分らしく生きることが「雑」になっていませんか?

 

ライフオーガナイザーを学ぼうと思ったきっかけは、暮らし方に自信がなかったから。

考え方とかの精神面で、行き詰っていたような気がします。

ライフオーガナイザーになって、最初に思ったのは
「たわやかに生きたい」ということ。

たわやかとは「優雅とか雅とか」・・なんて意味合いがあるわけです。

 

特に、上品に生きて行こうと思っているわけではないのですが、手足の先まで優雅に見えるとそれはそれで気持ちいいんじゃないかと思うわけです。
バタバタと音を立てて歩き、ドアを大きな音を立てて閉める。
閉めるからいいじゃないか・・と言われる方もいるかもしれませんが、
私はいつもドキドキしてしまうので、心臓に悪いわけです。

これ、全部私の主観ですよ。

 

だから、【品格に”つもり”はNG】

 

これはちょっとした衝撃でした。
「お箸を綺麗に使っている」つもり。
「手を添えて綺麗に見せている」つもり。
上品に見せたいと思ってる「つもり」が逆に下品にもなってしまうわけです。

それは、お作法にのっとっていない事でもあるわけです。
なので、慌てて身づくろいするのは止めました。

とはいえ、一般家庭、祖母と同居していたからだと思うのですが。
小さい頃から言われていた事が身に付いていて、自分では意識していないところを褒められる。
それが「たわやか」ってことじゃないかとおもうのです。
以前に、知人のお母様から褒められたことがありました。
畳の縁を踏まず、綺麗に正座できるのね・・と。

「自分では意識していないけれど、何気なく出来ること」ということ。

何も、仕草だけを変えて行こうと思っているわけではありません。
省略するのではなく、正しい方法を選択することが、品格につながるのだと思います。

勉強していくとね、驚くほど「雑」に生きてるなぁって思う。

 

「雑すぎる生き方」を反省しています。