読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるくくらす

日々の暮らしを少しでも気分良く過ごすために考えていることとか・・・

LO(ライフオーガナイザー)的 IT関連情報

人が集まるトコロであれば、無料の電源cafeなるものもあり、Wifiスポットも無料であるわけですが、そうでない場合もあるし、自分だけのWifiスポットであれば、誰に遠慮することなく、サクサクと画面を操作出来ます。

そう言う意味において、自分でWifiを契約してルーターを持つのも一つの手段です。
ただね・・・ルーターって忘れちゃうことがあるのです。
そうした時に、スマホと違って、自分からは何も出来ない!!

これからWifiを持とうと考えている人もいるかもしれないので、ココにメモしておきます。

大切なのはこの二つ。
1.ルーターは肌身離さず

2.失くしても、大きく深呼吸

 

1は当たり前のコトなんだけど、ついつい、外に出しておいた方が電波がいいんじゃないかって思うわけです・・・
私、携帯電話の電波が悪い時は、携帯電話を振る癖があるので・・・
なので、ルーターも外に出しておきたくなる・・・のを我慢する。
PCバッグに入れておくとか、手持ちのバッグに入れておくこと。

2については、そんな場合じゃないと言う人もいますが、これは結構重要ポイントです。
というのも、慌てて解約すると「違約金」の支払いがあるからです。
かといって、1か月放置するのも、気が引けるわけですが。違約金と、契約が切れるまでの通信費の合計を比較してからでも、遅くないと思うわけです。

なので、落ち着いて、少しは待ってみる。
それに、拾って使う人はいるかもしれないけど、充電が切れたら使えないし、同じルーターを持っている人はWifiを複数持ってても仕方ないわけですし・・・

もしかしたら、優しい人が警察に届けてくれているかもしれません。
警察に届けておけば、Wifiの会社から連絡がくるかもしれません。

なので、落ち着いて、1か月をめどに考える・・・これが大切です。
ただし、仕事に差し支える場合などの時は、無料Wifiスポットを探して、仕事に従事していただきたい。

最終的な判断は本人がすることではありますが、少しでもこの記事を思い出していただけると嬉しいかなぁ・・・