読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるくくらす

日々の暮らしを少しでも気分良く過ごすために考えていることとか・・・

LO的 片付けのタイミング

「余裕の連鎖で心も身体もすっきり」

ライフオーガナイザー Kuraです。

 

年度末は何かと忙しくなります。

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、本当にお彼岸を境に一気に服装が変わるものです。

冬のコートを薄手に変えて、セーターをカットソーに変えていくので、洋服の厚みが減ると同時に、脱ぐことのできない自前の脂肪を目の当たりにするのもこのころです。

体もクリーニングしたくなるこの季節は、片付けにも頭を悩ませます。

でも、少しずつ変えていきませんか?

 

私は、2つの点でイラッをなくそうと思いました。

1点目、クリーニング代もかさむので、出来るだけ自分でケア出来るものを選ぶようになりました。

といっても、革やコーディロなどの本当にお手入れが大変なものは出来るだけ購入時に考える・・というようなものです。

もう一つは、片付ける場所の確認。

クローゼットや押し入れにどれを吊って、どれを収納するかを考えました。

冬物で一番困るのはコート、次にセーター。

現在は、コートはつるして保管。セーターはたたんで保管。

そのおかげもあって、だいぶん片付けに迷いがなくなりつつあります。

 

また、ボトムについては冬専用のものは少なくて、ほとんどがオールシーズン。

そうすると、セーターをカットソーやカーディガンに変えるだけで、自分的には衣替えすら終わった感じがしてしまいます。

自分の分はこれで衣替えを終えることが出来ます。

 

うちの場合、夫の方が衣装持ち。

そして「セーター」「ヒートテック」など、季節ごとに着るものを決めるタイプのため、こちらが主に衣替えの主となります。

そんな中、少しずつ計画していったのが、Tシャツ。

オールシーズン着用するため、衣替えの対象にはせず、一年中タンスに入れておきます。ボトムは本数がないので、冬場は冬物を手前に、夏場は夏物を手前に持ってくるだけでOK。

手前のものから手にする傾向がある夫にはこれで十分のようです。

靴については、私はブーツを引っ込めて、春~秋のパンプスやサンダルに変えるのが衣替えの一環です。

夫はビジネスは革靴、休日はスニーカーなので、下駄箱で事足ります。

 

軽くなったとしても、1年に2度は衣替えを行います。

そんな時に、数が多ければ多いだけ、面倒くさくなるものです。

私は押し入れに入れるボックス一つのみ。

靴はお気に入りのスカーフで包むだけ。

それなりに楽しめるので、苦痛ではありませんが、家族の分を一手に引き受けるとなると一日以上かかってしまうことになりかねません。

片付けのタイミングとしては、GW。

片付けたくて仕方がないものを選んで片付けましょう。

「これだけは片付けたい」と思うものを思う場所に片付けるために、他の片づけが必要・・・なんて本末転倒ではありますが、そうやって先延ばしにしてきたことも多いはず。

「こんどこそ」も何度も思ってきたことかもしれません。

そんな時、「ライフオーガナイザー」にご一報ください。

お金はかかるでしょうが、一度で済むなら、頼んだほうが後々楽になることもあります。

衣替えの季節、よかったら、声を掛けてください。