読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるくくらす

日々の暮らしを少しでも気分良く過ごすために考えていることとか・・・

LO(ライフオーガナイザー)的 「節約」について

お金が降ってこないかなぁ・・・なんて時折思うのですが、皆は思わないのかなぁ・・・


色々と欲しいものがある、やりたいことがある、将来のための蓄え、漠然として不安へのため、「お金をためよう」と思う事があるかと思います。

お金を貯めるときに思うのは「節約」。
でも、「節約」も「目的」あってこその行為です。
(ここでいう目的とは「お金をためる」ことではないのでソコは注意が必要)

※「目的」とは実現しようとしてめざす事柄。行動のねらい。めあて。
  デジタル大辞泉 目的の用語解説より

だから、実現しようとして目指す事柄です。
「実現目指す事柄」?
「お金を貯める」は実現を目指す事柄ではないはず。
その貯めたお金で「美味しいものを食べる」「旅行に行く」「セミナーに行く」など。
分かりやすい目的を書きましたが、リアルな事柄を目指して「お金を貯める」。
これであれば「節約」もやろうと言う気になるというものです。

そのため、「貯金をしよう、だから節約しよう」は続かない。

貯蓄は「将来の不安」というあまりにも大きな課題に対しての行動ではありません。

あくまで、「不安」解消の手段でしかなくて・・・

本来の「貯蓄」とは目標である方がいいと思います。

「将来が不安だから、1年後にマンションを買おう」としての「貯蓄」。
「将来が不安だから、2年後には結婚したい、そのための婚活費用」としての「貯蓄」。

自分の生き方を決める時に、少しずつでも前に進みたいと思う時に、その目的が明確になります。
だから、目的に対して、方法や手段が明確になります。
そして、ゴールがに適した身の丈を知ることが出来ます。

目的達成後、新しい生き方の条件の一つとなり、また別の目的が出来る。

それに向かって、「貯蓄」。
無駄ではないサイクルだと思います。

ただ「節約」しているだけでは、無駄ではないことが目に見えません。
だからくじけてしまう。

先取りが有利なのは、知らないうちに口座から移されていることで、くじけることはありません。
見えないのですから・・・
ただし、目的のない「貯蓄」は自分を追い詰めてしまう事もあります。

「貯蓄」をする前に、自分の行動パターンを知って、年間トータルを知ること。
自分がどれだけの経費を必要としているかを知って、理想の数字を考えることです。

そうすれば、「1万円貯金」とか「出来るだけ貯金」ではなく、金額も明確になり、金額も期間も自分で計画して「貯める」パターンを作ることが出来ます。

周りにもそれを伝えることで、認知してもらうという喜びも生まれます。

【自分の行動パターンを知って、年間トータルを知ること】


LO的に考える「節約」は、電気や個人消費を縮小するものではありません。
自分の使うべき目的を明確にすることが、「節約」への第一歩です。